日本臨床心理学会について

日本臨床心理学会は、「臨床心理学やそれに基づく現場の活動について、様々な立場や角度からその行為を考えている学会」です。 本学会は、臨床心理学を専門とする人だけではなく、「患者」「クライアント」「障害者」と呼ばれる人やその家族や関係者、 また臨床心理学に関心を持つ人など、様々な立場の人々が参加しています。

本学会は、臨床心理学に関して、個々の人々が抱える問題の原因をその心理的枠組みの中でのみ追求するといった狭義の視点からの研究を行ったり、 専門家の視点からのみその行為を考えていく会ではありません。社会的な視点や生活者としての視点を大切にしながら、専門家もそのサービスを受ける側も共に納得し、 自己変革を志向していけるような、真の臨床心理学について考えていこうとしています。

本学会は1964年に設立されました。当時の学会活動は専門家による、臨床心理学・臨床心理技術の研究に終始していました。 しかし、「臨床心理士」資格認定の問題を契機に、専門家による臨床心理学的関わりは、 心理テストやカウンセリング等を受ける立場の人々の状況を考えずに行われているため、カウンセリング等を受ける人々を支配・抑圧しているのではないかと いった問題性や疑問が持ち上がりました。 それを受けて、1969年の総会で、そのことについて本格的な議論が開始されました。 そして1971年に「学会改革委員会」が設立され、新たな学会運営がなされるようになりました。

その後30年余り、本学会は専門家だけでなく、様々な立場の人々と共に、臨床心理学について考え、様々な障害を持った方々と共により良く暮らしていくことを支援していけるような 臨床心理学を模索しながら、その活動をくり広げてきました。

本学会は、臨床心理学に関心を持つ人々が自由に意見を交換出来るよう、年1回の大会総会の開催と、年2回の学会誌発行を行っています。その他、研修会の開催や、社会的な テーマに対して学会としての意見を声明文として発表するといった活動などを行っています。

上記のような本学会の活動方針とあり方に対して、興味・関心・共感を持たれる方であれば本学会はどなたでも入会できます。皆様の入会を心よりお待ちしております。

日本臨床心理学会運営委員会